フォト

Copyright

  • Copyright(C) 2006-2012 Shirokumaen-mini all rights Reserved.

YouTube しろくま園movie

トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

オーストラリアビール

オーストラリアのビールです。ホッキョクグマの絵が入っています。

Beer_au

さてどんな味なのでしょうか?アルコールは駄目なので冷蔵庫で保管中です。

平日の動物園

平日の上野動物園、めったに平日には行けないので夏休み最終日に訪問しました。

Yukioreiko_01

雪夫とレイコ仲良く歩き回っていました。でも同じ所を行ったりきたり...

ピリカTシャツ

ピリカTシャツが売っている、という情報を得て1枚購入しました。

Pirka_t

年間パスポートを購入した先着何名かについてくる扇子の柄と同じものです。この柄の他に、Pちゃんの写真のものとPちゃんのレタッチ風の柄のものがありました。これが一番オリジナル柄っぽいかな、と思いつれて帰ってきました。Pちゃんの特徴をうまく捉えているな、と思います。

何だか気になるな。

ホッキョクグマ舎の前に期間限定のオープンカフェが出来てました。このカフェにはこども動物園からウサギが出張してきました。数個のゲージが置かれていました。

Rabbit

プールで遊んでいましたが、ウサギが到着してしばらく向こうを気にしていました。

Lalapirka_03

ララは相当気になるらしく、クンクンしたり、ずっと芝生の方を見ています。

Lala_02

なんだかおいしそうなにおい、なんて思っていたとかいないとか..。

今回の円山&旭山ホッキョクグマ捕獲旅は天気にも恵まれました。なんと帰りの飛行機は千葉ロッテの選手と一緒でした。

ヘブンなピリカ

今日は氷のプレゼントがありました。ララは食べるのに夢中です。何よりも食い気です。

Lala_01

ピリカは氷を堀へ落としてしまいほとんど食べていなかったようです。氷を出したときにブイをたくさんプールへ入れてもらいましたが、繋がれているもの以外はすべて落としてしまいました。

Pirka_03

今日は午前中からヘブン状態でハイテンションを維持してました。

今日のイワン&ルル in 旭山

今日は早起きして、旭山動物園に行ってきました。イワンは丸っこくおおきくなってました。

Ivan_01

もぐもぐたいむのルル。お魚を狙ってます。

Ruru_01

旭山の割には空いている方だと思います。しかし、粘着して見ることが出来ない。水槽の前は少しだけしか止まれないし、もぐもぐたいむは約3分の入替制となっており、動物園というよりテーマパークとなってしまったようです。ここまで人気が出ると仕方ないのかな?

今日のピリカ in 円山

久しぶりにララ&ピリカ親子との対面です。ずいぶん会わない間にPちゃんは大きくなりました。

Pirka_02

ぶいぶいプレイ炸裂です。Pちゃんがすぐ下に落としてしまうのでワイヤーで繋がれてしまったそうです。手でかッ。

Lalapirka_02

でもまだまだお子ちゃま。夕方4時頃、ミルクをおねだりして甘えっ子Pちゃんです。

ホッキョクグマガイド in 京都

2006年8月6日、京都動物園で飼育係のガイド~ホッキョクグマ~が開催されました。とても暑い夏の京都でした。最初はホッキョクグマが何を食べているか、というようなお決まりのお話から。ポール君へおやつをあげながら話は進んでいきます。すると何か出できました。

Hakusei

ポールとポーラ(今は亡き♀)との間に生まれた子グマの剥製です。何度か2頭の間には子グマが生まれたそうですが、育たなかったそうです。ちなみに隣のバケツにはポールへのおやつが入っています。そして、またまた何かを出してきました。

Kegawa_1

ホッキョクグマの毛皮です。昭和46年、♂(ポールではありません)に不幸にもかみ殺された♀の毛皮です。噛み付かれた跡が生々しく残っております。これは触らせてもらえました。こんなお宝を見れるとは思ってもいなかったので、早起きして京都へきた甲斐がありました。

Pole_01_1

プールで涼むポール君です。飼育係さんが柵の中から撮ってくださったものです。ガイド中にあげたおやつの魚を探して食べていたところです。ポール君はマイペースに元気だとのことで、世界一長寿ホッキョクグマを目指して長生きしてほしい、と飼育係さんもおっしゃっておりました。

日本最高齢のホッキョクグマ

日本最高齢のホッキョクグマ、日本平動物園在住のピンキー(♀)です。推定年齢32歳以上だそうです。

Pinky_02

去年の夏の氷プレです。ピンキーの好物は煮芋、肉食獣なのですが、高齢ともなると野菜がいいのかな?氷の中にはりんごが入っています。

Pinky_01

ピンキーにはこれからも長生きして欲しいです。

ホッキョクグマの親子

日本の動物園のホッキョクグマの中で一番若い仔、ピリカです。2006年4月1日の公開初日のピリカはまるでぬいぐるみのようでした。

Pirka_01

ミルクタイムです。いっぱいミルクを飲んで、大きくなっていくピリカです。

Lalapirka_01

美白な美熊

美白な美熊さんたち。まずは、おびひろ動物園のサツキ。

Satsuki_01_1   

次は浜松市動物園のバフィン。

Vafine_01

そして東山動物園のミリー。室内にいたので暗いですが、美白さんです。

Milly_01

夏のゴーゴ

8月の暑い日曜日。午前中はゴーゴ君とご対面です。2ヶ月前より行動範囲が広がっています。「大阪の夏は暑いなぁ~」、と云わんばかりにプールへGo!ドボン。。。

Gogo_02_1

まだあまり泳ぎは上手ではないようです。でもプールから顔を出している姿はとってもかわいいのでした。今度会うときには、もっと泳ぎが上手になっているかな?

Gogo_01_1

真夏の夜の動物園 in 上野

8/9~15まで上野動物園では夜の開園が行われました。毎日、ホッキョクグマには牛骨プレゼントがありました。雪夫くんは骨が大好きのようで、しっかりと持って離しません。

Yukio_01_1

レイコさんは時々飽きてしまうようで、放置してうろうろしたり、プールにつかりながらガジガジします。

Reiko_01_1

最近、ホッキョクグマに牛骨をあげるのが流行っているような気がします。

トップページ | 2006年10月 »