フォト

Copyright

  • Copyright(C) 2006-2012 Shirokumaen-mini all rights Reserved.

YouTube しろくま園movie

« Birthday その15 | トップページ | デンマークで。 »

Birthday その16

2003年12月11日 円山動物園生まれの5歳です。釧路市動物園在住のツヨシ(♀)です。
今、ホッキョクグマ界で話題の姫。美白の美人で、ブイブイぷれいが得意です。
2008年6月捕獲。このときは男前ツアーでしたcoldsweats01

Tsuyoshi_07

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
人気者のホッキョクグマですから、どこも自分の所から出したくない、というのも理解出来ます。自然界では絶滅の危機にあるのですから、動物園で繁殖に力を入れる必要があると思います。目先の状況だけで、道内から出さないとかではなく、次代、次世代以降の血統についても考えて縁組をして欲しいものです。そのために血統管理をしているのではないでしょうか?また、北海道なら出来て、本州では出来ないとは必ずしも言えないと思います。
同居していても仲の悪いペアや、仲良くても設備的に繁殖が難しいペア、♂1:♀2の組み合わせなども日本全国にはいます。個々の動物園の事情もあるとは思いますが、そういう点も踏まえて総括的に仕切って欲しいものです。
1頭でも多く、良い環境でホッキョクグマが生活できますように。。。

« Birthday その15 | トップページ | デンマークで。 »

釧路市動物園」カテゴリの記事

コメント

トロすけさん、こんばんは!
繁殖のことって、なかなか大変なことですね。豪太君はオーストラリアから借りてきたわけですし、ロッシーの来日はレニングラード動物園の要求があればいつでもそこに返す条件が付帯しているそうですし(ロシアの新聞記事にそう書いてありました)、ゴーゴはある会社から天王寺に贈られたものだったはずです。つまりこの3頭は今の場所から他へ動かすことは事実上できないでしょうね。海外からしろくま君を連れてくる際の条件を今後は一工夫考える必要があるかもしれません。

ロシアの北極圏の村では最近、しろくま君たちが人家付近に出没する例が多くなっているそうです。人に危険なので動物園に捕獲を依頼するそうですが、捕獲してもロシア国内の動物園は今すでに飼育しているしろくま君達で手一杯なので、外国の動物園に送るケースが多いようですね。ですので日本もそういうしろくま君達が今後やってくる可能性は大きいと思います。ここはひとつ、日本中の動物園で話し合って、個々の動物園単位ではなく日本全体で、ロシアから来るしろくま君の飼育と繁殖計画を立てるべきかもしれません。そうじゃないと連れてきた経緯によって個別の個体に飼育等の条件が付いて、移動が難しいことになるようにも思います。

頭が痛い問題ですね、これは(笑)。

こんにちわ。私も北極圏でのホッキョクグマの実情を思うと、本当に何とか動物園ではみんなが協力して繁殖して絶滅から救ってほしいと願っています。
ロシアは保護したホッキョクグマを動物園で保護しようと努力しています。
カナダは保護してもシロクマ刑務所に入れてエサを与えず水だけ与えてまた遠くの氷の上に戻すそうです。結局戻されたホッキョクグマは溺れてしまうか、餓死です。
せめてロシアのように保護して日本の動物園などに譲ってくれたら良いなあと思います。
それから、北海道は繁殖成功実績があるのでその技術を日本国内の動物園水族館に伝授し、全ての機関が協力しあって、今いる適齢期の順番にペアリングして繁殖に力を入れてほしいです。
ホッキョクグマという大切な種が、ずっとこの地球上に生きていて欲しいです。年齢から言って1番はじめに豪太君、次にゴーゴー君次にロッシー君。順番にペアリングして、設備技術面はみんなで協力しあって全てのホッキョクグマが幸せに繁殖成功して欲しいです。

ホッキョクグマ、絶対に絶滅させてはいけません。何がなんでも繁殖させないといけませんね。地球温暖化の被害者として最近特に脚光を浴びてファンが急増しているしろくま君たちですが、皮肉なことに個々の動物園の地元でのファンも増え、地元のしろくま君を愛するがために、そのしろくま君を遠くに出したくない感情もあるのは理解できます。しろくま君たちの繁殖の重要性への理解と、個別のしろくま君への愛情の深さが衝突してくるのがつらいところですね。

しろくま狂さん、こんにちは。
ホッキョクグマを絶滅させないためにも、動物園同士で協力し合って欲しいです。すぐに日本に連れてくるために、いろいろ条件を付けざるを得ないのかもしれませんが、日本での繁殖実績が上がればそういうことも少なくなるのかもしれません。そして、ロシアで保護されたホッキョクグマが日本へ来る日も近いかもしれませんね。
地元にいるホッキョクグマには愛着があるのは当然ですが、彼らの今後の繁栄を考えて欲しいです。

大好きしろくまさん、こんにちは。
北極の氷が少なくなってきている今、動物園の役割は大切だと思います。本州でも生まれている例はここ最近でもあるようです。海外の動物園でも生まれて育つ率はかなり低いようです。ペアリングをしないことには、生まれることもありませんから適齢期同士を一緒にすることも考えて欲しいです。
ホッキョクグマを絶滅させてはなりません!

トロすけさん
旭山動物園は繁殖のためにイワンを釧路動物園に貸し出す案を考えているみたいですね。
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20081216-OYO1T00452.htm

しろくま狂さん、こんばんは。
ルルに仔グマが生まれたら、イワンを貸し出してという事みたいですね。う~ん、それは出来ればやめて欲しいものです。将来、北海道中がデナリとイワンの家系になってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Birthday その15 | トップページ | デンマークで。 »