フォト

Copyright

  • Copyright(C) 2006-2012 Shirokumaen-mini all rights Reserved.

YouTube しろくま園movie

« Birthday その16 | トップページ | Birthday その17 »

デンマークで。

デンマークのオールボー動物園でホッキョクグマの赤ちゃんが産まれたそうです。
http://www.web-tab.jp/article/5468/

Webcameraで様子が見れるようです。
オールボー動物園(Aktuelle videoklip の所)
http://www.aalborgzoo.dk/?language=da

民放テレビTV2(Live webcam fra Isbjørnen)
http://vejret.tv2.dk/nyt/article.php/id-19001635.html

元気に育つといいな。

« Birthday その16 | トップページ | Birthday その17 »

しろくまネタ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつも拝読させて頂いています。
私はロスアンゼルスに住んでおり、朝10時頃にAalborg Zooのサイトをチェックします。 まだデンマークは夕方前らしく、動物園の人がカメラの角度を変えたりしているらしく、赤ちゃんが拡大されたりして、もう感激! 母グマの優しい顔や、赤ちゃんをなめている姿も癒されます。
ララちゃんが早く元気な赤ちゃんを産むのを願っている毎日です。 しろくま園、遠くから応援していますよ。

松尾さま、はじめして。
ご覧頂きありがとうございます。私が見るといつも母グマが気持ちよさそうに寝ています。赤ちゃんが拡大されていることもあるのですね。早くその場面に遭遇したいです。元気に育ってくれるといいですね。
うまくいっていれば、ララはもうそろそろ出産した頃かもしれません。今回は早く発表してくれるといいのですが、今から楽しみにしています。
のんきにボチボチ更新ですが、これからもよろしくお願いします。

トロすけさん
ドイツのほうでは可哀想な状況になってしまいました。折角生まれたのに....(泣)。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200812150011.html

ああとても残念可哀想です。やはり繁殖は大変な事なのですね次は必ず成功して欲しいと願うばかりです。
野生のホッキョクグマも本当は野生で生きれるのが1番ベストだけど、今の北極の現状からして野生で生きるのは厳しいので、せめて、民家に近づいたり親とはぐれたコグマがいたら、人間が保護して、世界中の動物園に引取りを依頼して、1頭でも多くのホッキョクグマの命を救う体制になって欲しいものです。

しろくま狂さん、こんばんは。
ドイツの双子は残念でしたsad
大きく育つのはなかなか難しいものですね。

大好きしろくまさん、こんばんは。
毎年、世界の動物園で生まれても育たなかった仔ぐま達がいるのはとても残念です。それだけ、繁殖は難しいということですね。人間の生活の場に来てしまったホッキョクグマを自然に戻せるのが一番ですが、それが難しい場合には世界中の動物園で守っていくシステムが出来ればいいと思います。

デンマークの方はどうしても元気にすくすく育って欲しいですね。お母さんグマさん。コグマさん。どちらも健康で頑張れ~。

大好きしろくまさん、こんばんは。
本当にそう思います。元気にすくすく育って欲しいです。
日本のホッキョクグマファン達も見守ってますから。

生まれましたよ!!!
http://www.city.sapporo.jp/zoo/topics/polarbear_10.html

しろくま狂さん、こんばんは。
このニュース待ってました!
今年は発表が早かったですね。無事に育ってくれることを祈るのみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Birthday その16 | トップページ | Birthday その17 »